被爆者の方と会うということ。

先日の広島の続きを書こうと内容をまとめたり、いろいろしてるのですが
僕の中で非常に内容が濃かったので、なかなかまとめられないので、
先ず、感じたことを書こうと思います。
詳しいことは、今後ブログで書いていきます。

8/6『Peace Hiroshima 8.6 Lounge』出演にあたり、
自分の知識の貧弱さに驚き、広島に行ってきました。
これは、先日書いた通り。

広島では、被爆者の森下弘(ひろむ)さんにお会いし、
生の声を聞いてきました。

sesa0253c.jpg

今回の訪問で感じたことは、

『知識が現実になる』

ということです。

自分に起こったことでないことを、
現実として捉えるのは非常に難しいですが、
それが、詩や本と同じことであっても、被爆者の方の生の声を聞く、
ということで現実として捉えられるのですね。

先に本などである程度知識を得て、森下さんに会い、
それから、原爆ドーム(平和公園)〜資料館
という流れだったのが非常によかったです。

8/6の演奏が説得力のあるものになるよう、もう少し
頑張りたいと思います。

毎日のように、仕事以外の時間を、資料、本、絵本、などを見る時間に
費やしています。本当にいい機会を与えていただいたと感謝してます。

ちなみに、広島原爆資料館のヴァーチャルミュージアムのトップページで
ピースヒロシマ(8/6の主催)制作のCMが見れるようになっています。
音楽は僕ではありません。
2008年08月03日 | Comment 0 | ピースヒロシマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。