KRONOS試奏

前評判もよく楽しみにしていたKORGのKRONOSの試奏、行ってきました。

sesa0832.jpg

ソフトシンセの時代になり、ハードシンセがどうなって行くか、
ということが鍵盤弾きに限らず気になっている今日この頃。

一つの答えがここにあるようなシンセでした。

まず、音色は期待以上に盛り上げてくれました。
未だかつてない、9種類の音源搭載!
その組み合わせが自由ということで、
触発されまくりで次々に曲やフレーズのアイデアが出てきます。
やはりSSDドライブ搭載は大きくPCMも充実しています。

それと、僕が気に入ったのは、ライブや創作活動を
すごく意識した仕上げ。使用感抜群です!

とにかく、音色切り替えにまったくストレスがありません。
音色に加えてエフェクトまでがスムーズに切り替わるのには驚きました。
これはぜひ試していただきたい機能です。

KRONOSは、5月下旬に発売予定だそうです。
詳しくはこちら
2011年04月16日 | Comment 0 | 楽器・音楽ソフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。