2012年を振り返って

2012年を振り返ってみると、
自分をいろんな意味でバージョンアップできた一年でした。
その中でも特にきっかけとなった出来事が4つあります。

・リードオルガン作品集『そよぎ』発売(3月7日)
僕の足踏みオルガンに対する演奏方法や
音色の表現の仕方をじっくりと考える時間を多く持てました。

・『Breath with soul - 心の深呼吸 -』コンサート(7月6日)
ウォン・ウィンツァンさんとの即興演奏のみのコンサートは
ここでは書ききれない程、得たものが多いです。
僕のピアノの音色や演奏の仕方が劇的に変化したと思います。
時期は未定ですが、次回開催が決まりました。

・『 UZ WORLD 』上畑正和音楽展(10月10日〜31日)
自分の作品をこんなに一度に整理したことは初めてでした。
自分を見つめる時間がじっくり取れました。
過去の自分をちゃんと把握し、そして別れを告げて、
新しい作品を作りたいと思います。

・『五大五感』サラウンドライブ(11月24日)
サラウンド音楽をライブでする。それの一つの経過点ですが、
五大五感という大きなテーマに挑戦したことで、自分の中に隠れていた
感覚を得ました。今後、サラウンドだけでなく音楽をする上で、
それらが様々な形で出てくると思います。

お客様、出演者、スタッフなど関係者…etc 本当にいろんな方々に
お世話になり、ありがとうございました。感謝です!

皆さま、良いお年をお迎え下さい。
2012年12月31日 | Comment 0 | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。