7月10日即興演奏ワークショップに向けて その1

即興演奏ワークショップに向けて その1
7月10日(日)14時〜横浜中山なごみ邸〜<要申込>

即興演奏のとき、心がけていることを少し話したいと思います。 
そもそも即興演奏とは何でしょうか?人によって即興演奏に対する考え方がかなり違うと思います。僕の場合、その場での作曲と考えています。作曲家としてのステージパフォーマンスは何かと考えたとき、その場で作曲することを見せるのがよい、といたりました。メロディ(もしくはそのようなもの)があり、曲としての構成を大切に演奏します。特に最初の1音は重要で、ちゃんと弾きたい音が頭に浮かぶまで演奏せずに考えます。当然、曲にするのに音楽的な法則はあるのですが、その法則もその場で決めていきます。天から舞い降りてくるものをつかむ、という人もいますがそんなミラクルはなく、とにかく必死で考えて演奏します。『曲のテーマ、導入・メロディ・和声・リズム・展開・エンディング…』を順に組み立てつつ、弾いたことを聴き取り、判断し、次の展開を考え、その場の空気とのマッチングなどにも気を配りながら演奏していきます。これには大変な集中力が必要。だから非常にエネルギーを消耗します。ステージ後、動けなくなることもしばしば…。自分が作曲家であり続けるために、即興演奏というプレッシャーを課して、もがいているのかもしれませんね。でも良い演奏が出来た時は、この上なく快感です!

ワークショップ詳細はSCHEDULEにて





2016年06月22日 | Comment 0 | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。