スピーカーセッティング

スピーカーセッティングをした方が良いよ、というアドバイスをいただき、
「PHONIC PAA3 パーソナル・オーディオ・アシスタント」という測定器をお借りしました。

スペクトラム アナライザーです。
チェックディスクとして使用したのはノルウェーの『2L』というレーベルの作品。

sesa0843.jpg

「PAA3」を使用して全てのスピーカーのレベルを同じにする。
今回は5.1chスピーカーとステレオスピーカー両方をチェック。

まずは、聴く位置を決め、スピーカー位置調整をしてからレベルチェック。
これは前からやっていたので微調整。

聴く位置(高さも)に「PAA3」を置き、付属のマイクを45度前上向きにセッティングする。

ピンクノイズをスピーカーから-16dB(または-18dB、-20dB)で出力する。
1台ずつスピーカーを鳴らして、PAA3の値がだいたい80dBになるように
スピーカーの音量を調整する。

これを繰り返すだけ。

予想外にスピーカーのボリューム位置が違うのに驚いた。個体差もあると思いますが、
uzstudioは狭い部屋(3.3畳)なので、ちょっとした距離の違いで音量が違うようです。

sesa0844.jpg
このように表示される。右に出てるのがマイク。

すべてのスピーカーのレベルを合わせて聴いてみると、
耳でだいたい調整していた時と比べて色んな音がすっきり、はっきりしている。

なるほど〜。ステレオもいい感じ。サラウンド感もバッチリです。
ミックスがやりやすくなった。

感謝です。
2011年05月24日 | Comment 2 | 楽器・音楽ソフト

KRONOS試奏

前評判もよく楽しみにしていたKORGのKRONOSの試奏、行ってきました。

sesa0832.jpg

ソフトシンセの時代になり、ハードシンセがどうなって行くか、
ということが鍵盤弾きに限らず気になっている今日この頃。

一つの答えがここにあるようなシンセでした。

まず、音色は期待以上に盛り上げてくれました。
未だかつてない、9種類の音源搭載!
その組み合わせが自由ということで、
触発されまくりで次々に曲やフレーズのアイデアが出てきます。
やはりSSDドライブ搭載は大きくPCMも充実しています。

それと、僕が気に入ったのは、ライブや創作活動を
すごく意識した仕上げ。使用感抜群です!

とにかく、音色切り替えにまったくストレスがありません。
音色に加えてエフェクトまでがスムーズに切り替わるのには驚きました。
これはぜひ試していただきたい機能です。

KRONOSは、5月下旬に発売予定だそうです。
詳しくはこちら
2011年04月16日 | Comment 0 | 楽器・音楽ソフト

オタマトーン

オタマトーンをゲット!

sesa0668.jpg

楽器屋さんで、衝動買いでした。
予想をはるかに超えて面白い。

ハマります。

この音を聴いて、楽しい気持ちで一日幸せ〜!
2010年01月23日 | Comment 0 | 楽器・音楽ソフト

デモ繋がり

先日、楽器フェアに行ってきました。
2年に一度の楽器大イベントです。

以前コルグのデモンストレーターをしていた僕は、
コルグのブースに行きました。

sesa0649.jpg
一押しの新製品SV-1のパンフレットと当日限定のガム

現在デモンストレーターをされている川本盛文さんのライブが
行われると聞き、会場へ。

そこで、僕をKORGに紹介していただいた、島田昌典さんと再会。

歴代デモンストレーターが揃いました。ということで、記念写真。

sesa0650.jpg

2009年11月13日 | Comment 2 | 楽器・音楽ソフト

オーケストリオン!?梅野記念絵画館

長野県東御市にある梅野記念絵画館に行ってきました。

ロビーからの景色は、池越しに浅間山を望む絶景でした。
sesa0611.jpg

ロビーにピアノがあり、許可を得て1曲即興で演奏してきました。
素晴らしい空間に包まれて、気持ちよく演奏出来ました。

そして、一画にもう一台ピアノがあり、聞いてみると、
自動ピアノとのこと。しかもピアノ以外の音もなるそうです。

sesa0610a.jpg

オーケストリオンという楽器だそうで、バンド付き自動ピアノですね。
1910年アメリカ製で100年の時を経た音が素晴らしいです。

sesa0610.jpg
扉を開けて中を見せていただきました。

いろんな楽器が入っています。
オルゴールのようにロール紙に穴を開けて、演奏内容を指定します。
それが楽譜のようになるわけですね。右下に見えています。

絵画館館長の梅野隆氏の熱いお話を伺いながら絵画館も観てきました。

「青木繁展」「ねこまみれ展」
青木繁(1882−1911)の「海の幸」はご存知の方も多いと思います。
やはり本物はすばらしい!
ねこまみれ展は、有名無名新旧問わず、猫好きにはたまらない作品を
集めた展示です。作者の猫に対する愛情があふれていました。
2009年09月14日 | Comment 0 | 楽器・音楽ソフト