FMおだわらにてピースヒロシマ2014放送決定

『誰も話さなければ、何も変わらない。』

8月2日(土)に開催した『 ピースヒロシマ2014 』のダイジェスト版が、
FMおだわらにて2時間の特別番組として放送されます。
FMラジオは小田原市内のみですが、インターネットラジオではどこでも聴けます。
ぜひお聴きください。

<試聴方法>
FMおだわらHPに行く → <パソコンでFMおだわらを聴く>をクリックする。

http://fm-odawara.com/

fmotop.jpg


◎「特別番組『 ピースヒロシマ2014 』」放送日程

(1)本放送:8/28(木)、23:00〜25:00(2時間)
(2)再放送:8/30(土)、14:00〜16:00(2時間)

2014年08月19日 | Comment 0 | ピースヒロシマ

終戦記念日を迎えて


ヒロシマ・ナガサキ原爆の日、そして今日終戦記念日。
この7年、イベント「PeaceHiroshima」に参加してきたことで
それまでより自分の考えが大きく変わった。

PeaceHiroshimaで7年間言い続けている「知識が現実になる」ということを
自分で書いたブログや番組を見てあらためて考えなおすようにしている。

たとえ体験しなくても知識を得、想像することが大切。
でも僕には、知識だけでは自分のこととして捉えるだけの想像ができなかった。

広島に足を運んで被爆体験者の方のお話を直接聞き、その話をもとに暑い夏に広島の町を歩く。
体験した方の口から直接胸に届いた言葉や、その場所に立った感覚は想像を超えて肌で感じるものだった。

今年は2つの番組が心に残っている。
一つは広島原爆の絵、もう一つは長崎原爆投下の映像デジタルリマスター。

被爆者の方のお話やこれらの番組には共通点がある。
キノコ雲の下では、「一人一人がそこで生きていた」ということ。

原爆に限らず、たくさんの出来事が起きた。8月はそういうことをたくさん考える。
そして、感謝。
2014年08月15日 | Comment 0 | ピースヒロシマ

「PeaceHiroshima2014 in Chiyoda」終了!

『Nobody Talks, Nothing Changes』誰も話さなければ、何も変わらない

「PeaceHiroshima2014 in Chiyoda」終了!
このところバタバタしているうちに、ブログでの告知もせず、終わってしまいました。
ほんますんません m(_ _)m

そして、みんなありがとう!!!!!

さて、
今年は初めて千代田区との共催。
いろんな人に知っていただくということで、すばらしい広がりです。

また初めてCD「Peace Hiroshima」(主題歌ほか5曲入り)を作り、
会場で寄付をしていただいた方へ差し上げました。
プライベートスタジオでの録音、怒濤の2日半は充実してましたわ。

<ライブ>
いろんな方々の挨拶、
1分間の黙祷、
ピースヒロシマCM上映、
パフォーマンス。
1部は僕のピアノソロから。「記憶」「ヒロシマ-願い-」「Lisa」「明日」の4曲。
そのままピアノでハイセイコーズに参加。4曲演奏。
ロバート・ハリスさんの詩「その朝」の朗読にも即興演奏で参加。
最後に新曲「その朝」(詩:ロバート・ハリス、曲:上畑正和、歌:妹尾研祐)
曲の完成が本番前日夕方!妹尾さんごめん。

2部
「カネ∽ケッツ」軽快なトークと美しいハーモニーでなごませてくれました。
「木村真紀」美しいけれど力強い歌声に会場がやさしく包み込まれました。
「あおばキッズ」やっぱり子どもたちはすごい!僕はずっと見入ってしまいました。

被爆者語り部は上田紘治さん

最後に『Nobody Talks, Nothing Changes』をみんなで歌って終了〜。

また来年会いましょう!
2014年08月03日 | Comment 0 | ピースヒロシマ

FMおだわらにてピースヒロシマ2013特別番組放送決定!

『誰も話さなければ、何も変わらない。』

8月3日(土)に開催した『 ピースヒロシマ・チャーチ2013 』のダイジェスト版が、
FMおだわらにて3時間の特別番組として放送されます。
FMラジオは小田原市のみですが、インターネットラジオでは世界中で聴けます。
ぜひ、お聴きください。

◎「特別番組『ピースヒロシマ・チャーチ2013』」放送日程

(1)本放送:8/31(土)、14:00〜17:00(3時間)

(2)再放送:9/3(火)、23:00〜26:00(3時間)

★インターネットラジオの聴き方
FMおだわらHPに行く → <パソコンでFMおだわらを聴く>をクリックする。

http://fm-odawara.com/

sesa0969.jpg

番組の詳細はこちらをご覧ください。
2013年08月27日 | Comment 0 | ピースヒロシマ

ピースヒロシマ2013を終えて

『誰も話さなければ、何も変わらない。』

ここ6年、夏はピースヒロシマのイベントに参加し、
平和について考える機会をいただいています。
今年は、当時の記憶を残す「被爆ピアノ」を広島から
神保町に運び、演奏させていただきました。
来場者、ネットで参加された方、出演者、そしてスタッフ、
すべての人がひとりひとりの考えで被爆ピアノの音に聴き入りました。

sesa0963.jpg

この被爆ピアノとは、今回で3度目です。

1度目、出逢った瞬間に女性と感じました。その時は、ピアノに
自由に弾くことを許してもらえませんでした。とにかくやわらかな
音を求められた気がします。

2度目、いろんな音を響かせてくれました。偶然に30分ほど
ピアノと僕だけの時間が出来、弾き続けました。その時の
音がyoutubeにあります。

3度目、今回のピースヒロシマにて。少し会話が出来た気がしました。
言葉ではない不思議な会話。その会話で感じたことが会場の
みなさんに伝わるよう心がけて演奏しました。

ロバート・ハリスさんは、被爆ピアノの持ち主で原爆投下翌日に亡くなった
河本明子さんに宛てた手紙を書き、読みました。

sesa0968.jpg

イベント最後には、テーマ曲『Nobody talks, Nothing changes』を歌います。

sesa0964.jpg

ぼくは、被爆者の方とお会いして『知識が現実になる』ということを学び、
『原爆は日常の中での出来事だった』ということを再確認しました。

時間の経過と共に被爆者の方も高齢になり、
僕達が話さなければ、何も変わらない、と感じています。

すべての方々に感謝します。ありがとうございました。
2013年08月17日 | Comment 0 | ピースヒロシマ